少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球でバッティングを上達させるには、何よりも練習です。しかし少年野球を始めたばかりの子供にいきなりピッチャーが投げた球を打つのは至難の業です。なので少年野球を始めたばかりの子供には素振りの練習から始めましょう。


[少年野球の練習方法【素振り】]の続きを読む
スポンサーサイト
少年野球をはじめるとまず監督、コーチ、父兄などにあいさつすることからはじめます。これは大人になっても礼儀正しい人間になるために必要なことだからです。そしてあいさつを通してコミュニケーションをとるということも含まれています。


少年野球の基本はまずキャッチボールからです。しかしキャッチボールをするときでもただボールを受けてボールを投げるだけではなかなか上達しません。しっかりと目的意識を持ってキャッチボールをすることで上達するスピードが全然違います。


動いているボールを打つには動体視力が良くなければなりません。プロスポーツ界で一流と呼ばれるアスリート達は動体視力を鍛えるために専門のトレーナーをつけるほど動体視力は重要視されています。


子供は好きなことになるとすごく熱中しやすい傾向がありますよね。なので野球を好きにさせることで野球の上達スピードがかなり早くなります。では少年野球をやっている子供にどうすれば好きになってもらえるのでしょうか?


大人になって少年野球チームに同行すると審判を頼まれる場合があります。前々から頼まれていたら準備ができるけど急に頼まれるとちょっと不安ですよね。そんな時のために少年野球審判のやり方の基本的なことを紹介したいと思います。


少年野球をやっていると絶対やってみたいポジションがピッチャーです。私も少年野球のころやってみたいポジションでした。親のあなたも子供にうまくなってもらいたい一心で指導していると思います。しかし、少年野球ピッチングの指導方法で注意したいのは、子供を野球肘にしないことです。


少年野球ではバッティングが一番の楽しみです。少年野球を見ていても自分の子供が売っているときが一番面白いですからね。しかし、バッティングがうまくなければ試合に出れませんし見ているほうも面白くありません。打てない子供より打てる子供を見ているほうが親としても面白いのではないでしょうか。ではどうすればよいのでしょうか?


少年野球のバットは種類が多く何を選んでいいのかわかりませんよね。選び方は重さ、長さ、長距離用や短距離用かさまざまです。しかし、少年野球バットの選び方で一番重要なのが、自分の子供が所属している少年野球の団体の規格に合っているかどうかです。


少年野球を始めるとどうしてもほしくなるのが自分のグローブです。しかし、スポーツ用品店に行くとグローブの種類もバットと同じようにたくさんの種類がありどれがいいのかわかりませんよね。なのでこのページでは少年野球グローブの選び方について、考えてみたいと思います。


野球をうまくなるためには人より練習をすることだと思います。イチロー選手や松井選手などは小さいころから普段の練習が終わってからも自宅で練習をしたりして誰よりも練習をしていました。少年野球の練習が終わってから自宅での練習方法とは、人によって違うと思いますが、効果的だと思われる練習方法をいくつか紹介したいと思います。


当サイトは、個人情報保護の重要性を認識し、法令遵守し、最善の注意を払ってユーザの個人情報を保護することが社会的責務であると考え、ユーザに安心し、また安全にご滞在頂けるように当サイトのプライバシーポリシーを定め、それに従い、厳重に取り扱ってまいります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。