少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野球をうまくなるためには人より練習をすることだと思います。イチロー選手や松井選手などは小さいころから普段の練習が終わってからも自宅で練習をしたりして誰よりも練習をしていました。少年野球の練習が終わってから自宅での練習方法とは、人によって違うと思いますが、効果的だと思われる練習方法をいくつか紹介したいと思います。



まず、少年野球教室のDVDを何度もみて、正しいフォームを覚えることです。基本に忠実で正しい姿勢を覚えて、それを実践できるようになるまで繰り返し練習しましょう。また、正しいフォームを覚えることで怪我などを起こしにくくなるという利点もあります。


高度なテクニックよりも、基本の習得が上達への近道です。基礎をおろそかにするとなかなか上達しません。一日30分でもいいから、毎日集中して練習することが大切になります。一度に長時間練習するよりも、短時間でも毎日継続した方が効果がでやすいのです。


ストレッチとランニング、素振りくらいは、練習相手がいなくても一人でできると思います。もし、練習相手がいるのなら、オススメしたい練習法が、発泡スチロールで作ったボールを5、6メートル先から投げてもらってバットで打つ方法です。


これは、赤川選手の少年時代の練習法で、狭い場所でもできて、発泡スチロールなので音も小さいので近所迷惑にならない効果的な打撃練習方法だと思います。変化球にも対応できる理想的なスイングが身につくでしょう。


ティーバッティングの時に使ってみてほしいのが、バドミントンのシャトルです。シャトルは先端部分の芯をしっかり打たないと飛ばないので、野球のボールを使うよりも正確なバッティングが身につきます。フリーバッティングのようにシャトルを投げてもらって、バットで打つのも効果的な方法です。


キャッチボールをする時には、ボールを二個同時に投げて、捕球に失敗したり、ボールを逸らしてしまった場合は、罰ゲームとして腹筋や腕立てをするなど、ゲーム要素を取り入れると、楽しく鍛えられて練習も楽しくなるかもしれません。


FX 転職 人材 東京

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。