少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球の基本はまずキャッチボールからです。しかしキャッチボールをするときでもただボールを受けてボールを投げるだけではなかなか上達しません。しっかりと目的意識を持ってキャッチボールをすることで上達するスピードが全然違います。



まず正しい投げ方を覚えさせることが大事です。しかし正しい投げ方といっても、野球をやったことない方は、どの投げ方が正しいのかわかりませんよね。プロ野球選手で言えば松坂選手やダルビッシュ選手のような投げ方が正しい投げ方と言えるでしょう。


いきなりプロ野球選手のような投げ方は難しいと思います。しかし少年野球をやっている子供がいるならばこれだけは必ず実行してください。投げる時に肘を肩より上にして投げること。そして遠くに投げることよりも、相手の胸に投げることを重視してキャッチボールを行うようにしてください。


小さいころから無理に遠くに投げようとすると無理な投げ方で投げてしまい、悪い投げ方のクセがついてしまいます。悪い投げ方のままで野球を続けていくと高い確率で肩や肘を痛めます。なのでお父さん、お母さん、少年野球をやっている子供には無理な投げ方で遠く投げようするのではなく近くでもいいので、肘を肩より上にあげて、相手の胸に投げように指導してあげてください。


なぜ相手胸に投げるのかという疑問ですが、野球は何よりコントロールがよくなればなりません。ピッチャーもストライクが入らなければ試合になりません。大リーグでイチロー選手がレーザービームで三塁やホームでアウトにしているのをよく見ますが、あれは肩が強いだけではアウトにはできませんよね。


何よりあのコントロールがいくつもアウトにしているのです。少年野球でのキャッチボールからコントロールが大事かわかっていただけたでしょうか。相手の胸に投げるという目的意識を持つことで徐々にコントロールが身につくと思います。


FX 転職 人材 東京

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。