少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球をはじめるとまず監督、コーチ、父兄などにあいさつすることからはじめます。これは大人になっても礼儀正しい人間になるために必要なことだからです。そしてあいさつを通してコミュニケーションをとるということも含まれています。



あいさつをおろそかにしてはいけません。少年野球の試合中に声を出すことで試合の流れをグッと引き寄せることもあります。


ピンチになった時にピッチャーを励ましたり、チャンスでバッターを応援することで良い結果に繋がることがあります。時には少年野球のチームメイトの声によってピンチを脱出できたり、チャンスでヒットを打てたりするものです。


声にはいろいろな効果があるのです。声を出す時は自分から積極的に声を出すことが大事です。自分から声を出すことで積極性も生まれますからね。


そして絶対にやってほしいのが少年野球の審判にあいさつをすることです。別に媚びを売るというわけではなく、公平なジャッジをしてもらうためです。やはり審判も人間です。あいさつもない態度の悪い少年がいたら、不利な判定を下す少年野球の審判もいるでしょう。


少年野球では1球のストライク、ボールの判定で試合の流れが変わるといっても過言ではありません。やっとレギュラーで少年野球の試合に出たのに不利な判定をされてヒットが打てないために、また補欠にされてはたまったもんじゃありませんよね。


少年野球だけでなくスポーツ全般に言えることですが、あいさつをきちんとできるようにお父さん、お母さんが指導しましょう。

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。