少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球でバッティングを上達させるには、何よりも練習です。しかし少年野球を始めたばかりの子供にいきなりピッチャーが投げた球を打つのは至難の業です。なので少年野球を始めたばかりの子供には素振りの練習から始めましょう。



素振りといってもただやみくもに振るのではなく、きちんと目的意識を持って素振りをするようにしましょう。素振りはバットさえあれば1人でもできますので、少しでも時間があれば、子供と一緒に素振りをしてみてはどうでしょうか?


素振りの時に注意してほしいのが、なるべく広い場所で人がいないところで行いましょう。バットを振るのは子供ですから、何があるかわかりません。バットを振っている時に手が滑って、バットが飛んでいくこともありますので、人がいない夜の公園などで素振りを行いましょう。


では素振りのポイントを紹介します。素振りはただバットを振るのではなく、1スイングごとに正しい振り方で素振りができているか確認しながらバットを振ります。正しい振り方というのは人それぞれだと思いますが、アッパースイング(下から上に振ること)になっていなければ良いと思います。


アッパースイングになっているようでしたら、ダウンスイング(上から下に振ること)やレベルスイング(水平に振ること)になるように指導してあげてください。なるべく少年野球の時に修正してあげてください。中学、高校になってから修正しようとしても1度クセついたバッティングフォームはなかなか修正できません。


素振りではボールはないですが、ボールがあると想像して、ボールを打つ瞬間までボールを見ることを心がけて素振りをするようにするとよいでしょう。プロ野球を見ていると、どの選手も打つ瞬間までボールを見ています。打つ瞬間までボールを見るということはバッティングにおいて非常に大事なことだということです。


素振りをしてもすぐには上達しません。しかし毎日続けることで絶対に上達していきますので、上達しないからといってすぐにやめないようにしましょう。そのためにはやはりお父さん、お母さんの手助けが必要となります。子供のために空いた時間に素振りを見てあげてくださいね。

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。