少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球のバットは種類が多く何を選んでいいのかわかりませんよね。選び方は重さ、長さ、長距離用や短距離用かさまざまです。しかし、少年野球バットの選び方で一番重要なのが、自分の子供が所属している少年野球の団体の規格に合っているかどうかです。



少年野球チームは、いずれかの連盟などに入っていると思いますが、連盟によって、バッドの素材を規制している場合があります。例えば、軟式野球の連盟などでは、ビヨンドマックスのようなよく飛ぶ素材で作られたバットを禁止している傾向がありますので注意が必要です。


少年野球のバットの選び方は、子供の体に合ったバットを買うことが一番だと思います。バッドの長さは、子供の腕の付け根から指先までの長さを測り、その長さに1.3をかけた数字がだいたいの目安です。


バットの重さは、野球用品店などでバットを握って、バッドの先を軽く振ってみて、腕や上半身の筋肉が張らないことを基準にしてください。握力が足りないなら、短めでグリップの太いバットを選ぶといいでしょう。


バットの素材によって、ボールの飛距離は全然違ってきます。少年野球を始めた頃には、扱いやすいアルミ製やカーボン製のバットで満足していても、高学年になってくるにしたがってもっと遠くまで飛ばしたいと思うようになるかもしれません。


体の成長に合わせて、どうしても適切な長さのバットへの買い替えは必要ですから、ついでに、硬式素材の入ったバッドにすれば、飛距離が増すことができるでしょう。自分の子供の体型、筋力、バッティングタイプに合ったバットを買うことが上達に繋がりますよ。

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。