少年野球の始め方や少年野球が上手くなるためのコツなどを紹介

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年野球をやっていると絶対やってみたいポジションがピッチャーです。私も少年野球のころやってみたいポジションでした。親のあなたも子供にうまくなってもらいたい一心で指導していると思います。しかし、少年野球ピッチングの指導方法で注意したいのは、子供を野球肘にしないことです。



正しいピッチングフォームを身につける前に全力投球をしすぎると、成長期の子供の体に負担がかかり怪我をしてしまいます。ボールのスピードや変化球は正しいピッチングフォームを身につけてからでいいのです。


実際にボールを投げる前に、立ち方の練習を繰り返し行うといいでしょう。プロ野球のピッチャーでさえ、少年野球の頃には立つ練習を繰り返しています。基本をしっかりと身につけることが、故障することなく息の長い投手になるためには必要なのです。


軸足一本で膝を曲げずにバランスよく立つのは、なかなか難しいですし、足を上げた時に頭を動かさない、足の裏全体に体重をかけるなど、チェックポイントはたくさんあります。地味な練習ではありますが、立ちが完璧にできれば、すごいピッチャーになれると思います。


立ち方をマスターしたら、いよいよ投げ方に入ります。正しい腕の使い方、体重移動ができていることを確認の上、ピッチング練習に入ってください。ボールではなく、タオルを使ったシャドウピッチングも正しい投げ方を身につけるのには効果的です。


日本臨床スポーツ医学会では、「小学生の場合、全力投球は1日50球以内、試合を含めて週200球を越えないこと」と提言しています。全力投球でのピッチング練習のしすぎは絶対に厳禁です。選手生命を縮めてしまわないためにも、無理な練習は避けましょう。


地味な練習ほどきっちりすることで上達する速度が速くなるのです。また練習後にはしっかりとストレッチやマッサージも忘れずに行いましょう。

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。